ユニット折り紙 凹頂菱形30面体 C80フラーレン 王者的存在 ─合成の誤謬─




ブレイブボードRipStik、ウイダーイン(in)ゼリーダイエット、ユニット折り紙サッカーボールの折り方、パワーボールの回し方のコツ、トミービッグローダーのメンテナンスと連結(大人レイアウト) などなど・・・ 熱しやすく冷めやすいAB型の私 『ぐっさん』 が、興味がわいたことをつづります。


    カテゴリー



    プロフィール

    ぐっさん

    Author:ぐっさん
    最近は、トミーのビッグローダーの動きに心を奪われている ぐっさん です。
    2009/05/09 ブログタイトルを変更しま
    した。ジャンルも趣味・実用(?)へ。
    今後は、その時々に興味がわいたこと
    について書いていこうと思います。
    2011/12/18 再びブログタイトルを変更
    しました。



    アルバム



    最近の記事



    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -



    Amazonでおかいもの



    楽天でおかいもの



    LOHACOでおかいもの



    オススメ宿泊予約



    ブログ全記事表示

    全ての記事を表示する



    最近のコメント



    ブログ内検索



    月別アーカイブ



    ブログランキング



    ユニット折り紙 凹頂菱形30面体 C80フラーレン
    ユニット折り紙 凹頂菱形30面体 C80フラーレン

    前回の続きですが、対角線が黄金比の菱形をベースにして
    菱形三十面体の頂点を凹ませた立体を作りました。

    ↓こちらです。

    ユニット折り紙 凹頂菱形三十面体 ORIGAMI SPHERE
    origami sphere bokoryo30 01
    ユニット折り紙 凹頂菱形30面体 ORIGAMI BALL

    すごくイイ!です。

    この形、C80フラーレン(C60ではなく)というのによく似ています。
    C80フラーレンの定義がよくわからないのですが、『すべての辺の長さが
    同じ』
    ということが条件に含まれるのであれば、厳密には違いますね。

    そもそも、この立体の六角形は、正六角形ではダメです。
    正六角形は3枚つながっても平面なので、どこまで行っても丸くなりません

    折る手順を増やせば、『すべての辺の長さを同じ』にすることは
    できるのですが、果たして折り紙でそこまでする必要があるのかどうか、
    悩むところです。

    しかも、↑よりもつぶれた形の六角形になってしまいます
    (追記:計算すると、つぶれる方ではなく、逆に伸びる方でした。
     折る時のズレは、長い方の対角線の半分の2.5%ぐらいです。
     正直、もういいかなと思っています。今のままで十分美しいし。)

    ココですね、私が気になるのは。美しさを犠牲にしてまで理論をとるのは
    本末転倒だってコレ、折り紙だもの。オレ、理系じゃねぇし。

    ま、とりあえずC80フラーレンを名乗っちゃいましょう。
    (↑そこまで言っといて名乗るんだ・・・笑。そのへんが文系。)

    折り紙 C80フラーレン ORIGAMI SPHERE C80 FULLERENE
    origami sphere bokoryo30 02
    折り紙 C80フラーレン ORIGAMI SPHERE C80 FULLERENE
    origami sphere bokoryo30 03
    折り紙 C80フラーレン ORIGAMI SPHERE C80 FULLERENE
    origami sphere bokoryo30 04
    折り紙 C80フラーレン ORIGAMI SPHERE C80 FULLERENE
    origami sphere bokoryo30 05
    折り紙 C80フラーレン ORIGAMI SPHERE C80 FULLERENE

    かなりの安定感
    1枚のユニットを折るのには、それなりに時間がかかりますが、
    カッチリ組めるので、すごく満足感があります。

    会社の昼休みに同じものをオリンピックカラー・黒・)でも
    折っているところです。完成したら写真撮ります。

    で、この記事を書きながら、辺の長さを同じにする折り方を考えてたんですが、
    もし簡単にできる方法が見つかれば、それも折ってみて、完成品を比較して、
    どちらの折り方を公式にするのか決めようと思ってます。

    美しさに理論が伴えば、鬼に金棒ですし。
    ただその『美しさ』を決めるのは私個人ですけどね。主観のみ。

    あ、今回の記事を書きながら、ウィキペディアでいろいろと
    見てたんですが、英語のwikiで菱形三十面体を見ると、私の
    とそっくりの立体がありました。

    wiki:Spherical rhombic triacontahedron

    菱形三十面体が、 Rhombic triacontahedron で、それを球形にした
    のが Spherical rhombic triacontahedron ですか。鞠の構造と同じ。

    ちなみに、カタカナだと(カタカナにする必要なんてないですが)、
    スフェリカル・ロンビック・トリアコンタヘドロンむぅ
    では逆に、今日の作品をローマ字表記すると、
    Bokochou ryoukei sanju mentai ってことになるので、
    どっちもどっちいい勝負

    折り方が固まれば、ご紹介することを、すぐにはお約束できませんけれども、
    視野に入れつつ、一歩一歩、着実に、歩みを進めて参りたいと思っている
    わけでございます。ありがとうございます、ありがとうございます、ぐっさんに
    清き一票を。ありがとうございます、ありがとうござ・・・(フェードアウト)

    そういえば、印刷して折るシリーズ↓の3つの記事ですが、少しずつ
    『拍手』をいただいています。ありがとうございます。(←これはマジのやつ)

     折り紙 サッカーボール 鞠に印刷
     折り紙 サッカーボール 凹頂二十面体に印刷
     折り紙 サッカーボール 凹頂二十面体(10枚組み)に印刷



    テーマ:折り紙 - ジャンル:学問・文化・芸術


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック